IPCL® Implantable Phakic Lens

IPCL® は角膜を削らずに屈折矯正を行うために開発されたインプラント型有水晶体コンタクトレンズです。IPCL®には4種類のレンズタイプがあります。

 

  1. 単焦点(近視・遠視矯正)

  2. 単焦点トーリック(近視・遠視・乱視矯正)

  3. 3焦点(近視・遠視・老視矯正)

  4. 3焦点トーリック(近視・遠視・老視・乱視矯正)

 

IPCL®手術は短時間で、レンズ挿入に必要な切開幅は2.8mmと非常に小さいため、傷口も早期に回復し、よりクリアな見え方を提供します。

 

角膜を削らないため、角膜が薄いなどの理由で他の屈折矯正手術が受けられない場合でも適応になります。(他の眼疾患がある場合は適応とならない場合があります。)

IPCL® レンズの主な利点

​​​​

・特許取得済の革新的なデザイン

・唯一の老眼矯正インプラント型コンタクトレンズ

・優れた焦点深度

・良効なコントラスト

・幅広い屈折矯正範囲