SCHWIND ATOS

Schwind ATOSはSchwind Eye-Tech Solutionsが製造する最新世代のフェムトセカンドレーザー(Femtosecond Laser)です。
フェムトレーシック(FemtoLasik)においてフラップの作成だけではなく、切開部を最小限に抑えたレンチクル(角膜片)の抽出も可能となっています。

角膜実質層に作成した角膜片を取り除く手法である "SmartSight" はフラップを必要としない、精密に制御された最新のフェムトセカンドレーザーの手法となっており、
切開幅が小さいため角膜に負担が少ない角膜屈折矯正方法となります。


またSmartSightは近視だけではなく乱視矯正も可能となっており、切断面が非常に滑らかなことから術後の視力回復も早くなります。

Schwind ATOSによるSmartSightは瞳孔認識機能、及び眼の回旋を補正するアイトラッカーシステムにより、術中全てのステップでレーザー照射位置を正確に制御するため、
最高レベルの安全性と正確な屈折矯正を提供する事ができます。


その結果、術中どのような段階であっても非常に安定し高速な屈折矯正手術を実現させます。