近視、特に重度の近視は近視性黄斑変性や網膜剥離、または緑内障のような二度と目が見えなくなってしまうリスクの増加と結びついています。 最近の研究では、シンガポール、台湾、香港、日本といった若い成人のうち60〜80%が近視で、 更に15〜20%は重度の近視である東アジアの国々で近視の発病率と重症度の両方が高まっていると指摘されています。 この傾向は、視力に関する疾病率と財政負担の増加という結果に繋がる可能性があります。

マイオピン−シンガポール・ナショナル・アイ・センター(SNEC)の研究に従って開発された、子供達の近視の悪化を緩和させるためのアトロピン0.01%の目薬

マイオピンの特徴

  • ゼロもしくは最低限の副作用で近視を抑制する

  • 平均60%もの近視の悪化の抑制

  • グレアの症状、およびサングラス着用の必要性が無い、または最小限に抑える。

  • 遠近調節能力(近い所に焦点を当てる能力)の低下が無い、または最小限に抑える

  • 近距離視力の低下と累進屈折眼鏡(プログレッシブ眼鏡)の必要性が無い、または最小限に抑える

  • 簡単でシンプルな用法−1日に1回、両目に1滴ずつ点眼

  • 1本で両目1ヶ月分に十分な量

  • GMP(製造管理および品質管理に関する基準)の認証を取得した製造業者により生産

Myopine